ティラノサウルスの前足はかなり小さい?痛風持ち?足跡発見?

ティラノサウルスといえば、映画「ジャラシックパーク」にも登場している超有名な恐竜で、恐らく知らない人はいないのではないでしょうか。

ティラノサウルス

ティラノサウルスには前足がありますが、これが体の大きさに比べて非常に小さいというのはご存知でしょうか。

大きさは人間の腕とさほど変わらないぐらいのようです。

この前足ですが、なんのために使用されていたのかよくわかっておりません。

単に使用していなかったので退化しただけども考えられます。


ティラノサウルスは頭部が異常に大きいという性質を持ちますが、そのため、前方が重くなってしまったため、進化の過程で前足を小さくしてバランスを取ったという考え方もあります。

また、立ち上がる際に支えとして使用していたのではないかという説もあります。

発見した鎖骨(前足の付け根にある骨)の化石に何度も骨折した跡があることから、大きな負荷がかかっていたのではないかとうことで、そう考えられました。

個人的には頭が重いので前のめりに転ぶことが多く、その際に折れてしまったのではないかなんて推測してしまいます。

ティラノサウルス スー

ティラノサウルスの化石のほぼ完全体「スー」には右手の指の骨に痛風にかかっていた痕跡があります

痛風というのは足の親ゆびの付け根の関節が赤く腫れて痛みだす病気です。かなりの痛みでしばらく歩くことさえできなくなったりします。

痛風の原因は尿酸のとりすぎですが、尿酸は内臓などを食べると体内で生成されるそうです。

痛風にかかるのはほとんどが男性といいます。

「スー」はメスというのが通説ですが、そのことを考えると実はオスだったりするのかも知れませんね。

ティラノサウルス 足跡化石

2007年にアメリカ北西部モンタナでティラノサウルスらしきものの足跡が発見されました。

大型肉食恐竜の足跡ということは確実で、この地域で発掘されている肉食恐竜はティラノサウルスとナノティラヌスだけのようです。

足跡の大きさは76cmあったといいますが、ナノティラヌスは体長5mほどなのでつりあわず、ティラノサウルスの可能性が高いということでした。

ナノティラヌスについては単に若いティラノサウルスだという説があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>