桐生祥秀、世界陸上でのタイムは?ネックレスはクリオのエナジーリング?

モスクワで開催された世界陸上の男子100メートルで、桐生祥秀(きりゅうよしひで)の走りが期待されましたが、残念なことに予選落ちに終わりましたね。

桐生祥秀

前半ではいい感じで食らい付いてましたが、後半に沈んでしまいました

9秒台も期待されましたが、タイムも自己ベストの10秒01からは遠い10秒31となりました。

どうやら力んでしまったようですし、まだまだ世界との差はあるのかも知れません。


桐生祥秀といえば首にネックレスをしておりますが、いったいなんのネックレスなのでしょうか。

このネックレスは調べてみると、どうも「クリオ エナジーリングネックレス」のようです。

単なるファッションのためのものではなく、アスリート用のものです。

効果などについては、こういうの公表していいのかどうかわからないので、ここでは伏せておきます。


こういったネックレスといえばファイテンが有名で、野球選手などがよくしているのを見ますが、お値段はそれよりも高めです。

ちなみに楽天の田中将大がキラキラ輝くネックレスをしていますが、あれはブラックダイヤと呼ばれる石でできているもので、さらに高額のものっぽいです。

公表しているわけではないのではっきりとは言えませんが、見た感じは「ファイテン ストーンネックレス ブラックスピネル」のようです。

あれほどの選手なので、ファイテンと契約して田中将大モデルとかになっててもよい感じもしますけど。


話がそれてしまいましたが、最近ではネックレスを使用するスポーツ選手が多いですね。

私も3000円ほどのファイテンのものは持っておりますが、アトピー性皮膚炎の体質のため、直接肌に触れると痒くなったりしますが、「クリオ エナジーリングネックレス」のほうは、見た感じツルツルしていて、私が直接肌につけても大丈夫な感じもします。

こんなことを言ったら怒る方もいるかもしれませんが、「クリオ エナジーリングネックレス」は見た感じ、ピップの磁気ネックレス「マグネループ」に似ていると感じるのは私だけでしょうか。

「マグネループ」は私の母が昔愛用していましたが、スポーツクラブで知り合いに「犬の首輪みたい。」と言われたようで、かなりのショックだったようです。

そうなことどうでもよい気がしますが、母は二度とつけないことにしたそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>