森友哉(もりともや)の身長・体重・握力・背筋力は?タックル食らう?

甲子園初戦で2打席連続本塁打を放った大阪桐蔭の森友哉に注目が集まっております。

ドラマチックにもバースデーアーチだったようです。

余談ですが試合前にチームメイトに「バースデーアーチうつで。」と宣言していたようですが、本当にその通りにしてしまうからすごいですね。

森友哉


昨年、春夏連覇を果たした大阪桐蔭ですがチームの中心だったのは間違いなく、阪神に入団した藤浪晋太郎でした。2年生だった森はキャッチャーとして藤浪を盛り立てましたが、今年はいよいよ森が中心となった感じです。

身長は170cmと野球選手としては小柄ですが、体重は80kgとわりとがっしりしております。

基本的にパワーは体格が大きいほうがあるように思われますが、あの小さい体でいったいどこにそんな力を秘めているのでしょうか。

まずは握力を調べてみましたが、データは公表されていないようです。

背筋力はどうでしょうか。藤浪は高校生のときに背筋力203キロあったそうですが、残念ながら森友哉についてはわかりませんでした。

スイングスピードについても早いといわれますが、測定結果の情報は得ることができませんでした。

森選手の体力の情報があまりないようですが、ベンチプレス105Kgとかいうデータがありました。公式なものではないので、信用度はいまいちですが、これが本当ならすごいです。

普通の成人男性なら50kgあがればいいほうだと思いますが、それぐらいあればホームランを打つのにもかなり影響してくると思われます。

大阪桐蔭高等学校は今や日本ハムの不動のクリーンナップに成長した中田翔などが卒業していますが、高校の監督がコメントするには、打球の飛距離といった面ではやはり森は中田翔ほどではないようです。それでもバッティングの技術についてはべた褒めしておりました。

森はプロのスカウトから打撃力や脚力、肩の強さなどを高く評価されているようですが、身長があと10cmあればといった声も多く聞かれるようです。

それでも阪神では森をドラフト候補にリストアップしているようです。

もし実現すれば、藤浪とコンビ復活なんてシーンが見られるかもしれませんね


18U世界野球では森はキャッチャーとして出場しておりましたが、アメリカの強烈なタックルが話題となりました。

身長183cmのマグワイヤのタックルを食らって、倒れこんでしまいます。日本の小倉監督はたまらずベンチを飛び出て審判に猛抗議をしました。

それだけでは終わらず今度は身長192cmのアブレイユが森にタックルをぶちかまします。森は試合後に病院へ直行したようです

高校野球ではあり得ないプレーですが、メジャーリーグなどでは当たり前のプレーのようです。日本でも外国人選手なんかがたまにやるのを見かけます。

このような背景があるので、森はキャッチャーとしては厳しいと思うが、打撃は評価しているといったスカウトもいるようです。

森友哉

森友哉


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>