大谷翔平はピッチャーがよいと思う理由の鍵はメジャーリーグにある

日本ハム「大谷翔平」の最終的な目的地はメジャーリーグのはずです。
本人も再三コメントしております。

Fighters_ohtani_bat

では、日本人選手のメジャーリーグでの活躍はどうでしょうか。

メジャーリーグにいった日本人野手ではイチローや松井が大きく活躍しましたが、あまりよい成績を残せずに日本に帰ってきてまた活躍するといった選手がわりと多い傾向があると思います。

松井選手は日本では圧倒的なパワーヒッターで不動のクリーンナップでしたが、彼ほどの選手でもメジャーの中ではどちらかというと中距離バッターといった印象で、ホームランバッターの一歩手前といった感じでした。

こられのことからメジャーリーグのバッターのレベルは日本のプロ野球に比べて圧倒的に高いと考えられます。足が速く、守備が上手で、出塁率が高いような1番バッタータイプなら活躍の余地がありそうですが、パワーヒッターは現状の日本人のレベルではかなり厳しいのではないかと思います。

ブランコ、バレンティンなど日本球界のクリーンナップの多くが外国人選手で占められております。しかも、もし彼らがメジャーでやっていけるなら、より年棒の高いメジャーリーグでプレイしているはずです。

これらの現状をみても、外国人選手のバッターのレベルの高さ、とくに圧倒的なパワーの違いが伺えると思います。

大谷選手は将来のクリーンナップ候補でしょうが、パワーといった面では松井秀樹ほどのインパクトはありません。

バッターとして外国人選手と争うのは無理ではないでしょうが非常に過酷といえるのではないでしょうか。

前回のWBCでは日本は準決勝で敗れましたが、印象として感じたのは外国人のバッターは腕が長くて外角のバットが届きづらいようなところでも打ててしまいます。また、普通のフライかと思った打球がスタンドまで届いてしまったりと、圧倒的なパワーの違いを思い知らされました。

では、投手のほうはどうでしょうか。
各国には攻略は難しいと思えるようなすごい投手が確かにいます。しかし、基本的にピッチャーが変わっていくたびに投手のレベルが落ちていくような感じで、中には日本では通用しないと思えるような投手も数多くいました。それに対して日本はピッチャーが変わってもレベルが落ちるといったことはなく投手層の厚さを感じさせました。

つまり日本の投手のレベルは世界的に見て高いと考えられるのです。

大谷選手はセットポジションになるとコントロールが乱れたりなど、投手としては荒削りで不安定ですが、球速や変化球の切れなどを見るかぎりでは、だれが見ても一級品です。

順調に成長することができれば、ダルビッシュを越えることさえできるのではないかと期待させます。球速でいえば、ルーキー時代のダルビッシュよりもはるかに上といえるでしょう。

日本でずっとやっていくなら、バッターで成功するのは彼にとっては難しいことではないでしょう。あるいは二刀流もこなしてしまうかもしれません。

ですが、彼にはピッチャーに的を絞って徹底的に訓練をして日本の高い投球技術を身につけて早い段階で成功を収め、メジャーリーグに挑戦してもらいたいと思うのです。

13957_539576226088277_2116961503_n


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>