キャンベル前米国務次官補が朴槿恵を名指しで批判?言動を自制する必要がある

オバマ米政権で東アジア外交を担当したキャンベル前米国務次官補が日韓関係について次のようにコメントしました。

Whitehousetour_cropped

  • キャンベル前米国務次官補「米国にとって有害であり、これを直さなければ(アジア重視の)リバランス政策はできない」

  • 韓国の指導者に対しては「北朝鮮の指導者とは前提条件なしにいつでも会うと言っている」にもかかわらず、日本の指導者とは会おうとしないと指摘

  • 「日本の指導者は『韓国には疲れ切った』と言っている」とし、こうした状況が長期的にみて米国の損害になっていると強調

  • 「日本だけでなく、韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権も自らの国益のため、今後数カ月間の言動を自制する必要がある」

http://www.sankei.com/world/news/150314/wor1503140022-n1.html


アメリカはこれ以前にも日韓首脳会談を開催しろと日韓にかなりプレッシャーをかけているものと思われます。

それでも慰安婦に固執して日韓首脳会談をしようとしない朴槿恵はある意味すごいと言えるのではないでしょうか。

慰安婦問題は政府としては日韓基本条約において解決済みですが、また前にやったような民間基金を募って慰安婦に補償するといった嫌な噂も聞こえてきます。

そもそも自称慰安婦たちは本当に慰安婦だったのか怪しい人もいるようだし、証言から朝鮮戦争時の米軍慰安婦だったことが疑わしい人もおります。

またお金を稼ぐために自分の意志で慰安婦になった人もおります。というかそれが大部分なのではないでしょうか。中には悪い業者に騙された、親に売られたといった不幸な例外もあったようですが。

この事実は今では多くの日本国民が知るところであり、怒りが爆発することが予想されます。

日本の指導者は「韓国には疲れ切った」と言っているようですが、こんなことを暴露してよいのでしょうか。

っていうか、多くの国民がそう思っていると思います。

アメリカは日米韓の連携と言いますが、日本と韓国は同盟国でもなんでもありません。

むしろ竹島問題を始め、多くの問題を抱えている敵対国といったほうが、今の状況に合うのでないでしょうか。そこまではいかなくても険悪ムードであることは間違いなく、仲良くしろと言われても、正直勘弁してくれって感じです。


ネットの声:

今度は名指しかw

いかにも日本も悪いみたいな言い方が気に食わない。

アメリカが「戦時賠償は完全に条約で完結している」と一言明言すればいいだけなんだよ

米国が国際法上の正しい発言をすれば全ては収まる

ここまで直接的な言及をするってちょっと珍しいね。でもアメリカの介入は迷惑至極。ほっといてほしい

強制連行なしの調査結果ははっきり出てるんだからアメリカもやることやれよ。慰安婦像撤去、教科書訂正、非難決議撤回

また米大使が襲われなければいいけどな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>