織田信長のデスマスク?弥助(やすけ)という黒人が首を持出した?

織田信長のデスマスクといわれているものがあるのはご存知でしょうか。

織田信長

デスマスクというのは、死後間もない遺体から型を取って、そこから作った顔の像のことをいいます。

織田信長といえば「本能寺の変」で家臣の明智光秀の軍勢に襲われて、生涯に幕を閉じたということは、だれでも知っていると思います。

しかし、そのときの遺体はみつかっていないなどのこともあり、また、これほどの人物がこんなにあっさり自分の不注意でやられてしまうとは信じられないといった人も多いようで、数々の伝説を残しております。


織田信長には弥助(やすけ)という黒人の家臣がいたそうですが、その弥助という男が本能寺から信長の首を運んで作ったというのです。

このデスマスクは織田信長の子孫にあたる人が保管していたようです。
ちょっと信じがたいですが、わくわくするような話ですね。



ところで弥助とはいったいどんな人物なのでしょうか。
信長の家臣に黒人がいるなんて不思議ですね。

弥助は現在のアフリカのモザンビークの出身とされております。
1581年(本能寺の変の前の年)、アレッサンドロ・ヴァリニャーノという宣教師が信長に面会した際に黒人の奴隷を連れていたそうです。

信長は肌の色が天然だとは信じられず、墨で塗っていると疑ったそうです。
そしてその黒人に肌を洗わせたそうですが、その肌はよりいっそうに黒く輝いたといいます。

この黒人が気に入った信長は譲ってもらい、弥助と名づけて側に置きました。
弥助は180cmを越える大男だったようですが、同時の日本男子の平均身長は150cm代だったと思われるので、かなりの巨人に見えたはずです。

本能寺の変後の弥助の記録は残念ながら残っておりません。
しかし一説によれば故郷のモザンビークに帰ったという話もあります。

このモザンビークに不思議な文化があります。
それは着物のような服をまとって正座をする風習です。
その衣装の名前も現地語でなんと「キマウ」、偶然とは思えませんね。

モザンビーク

信長のデスマスクは非常にロマンがありますが、真相はどうなのでしょうか。

弥助は確かに本能寺から脱出して、その後は二条御所で信長の息子信忠を守ろうとして交戦します。

しかし、明智軍に捕獲されてしまいますが、光秀は「動物で何も知らず日本人でもない」との理由で見逃します。

信長の首が弥助から信忠に渡ったのなら記録に残ってもよい気がしますが、公表しないでほしいという信長の遺言があったのかもしれません。

それでも光秀軍に捕まらないように首をもって弥助を二条御所に向かわせるには相当なリスクがあったと思われます。
本能寺は明智軍に囲まれていたと記録されているからです。

光秀に首を奪われるのは嫌だったと思うので、私が信長なら、このようなリスクは犯そうとは思いません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>