日本の外務省が公表した中国の地図に「日本人の知能は低すぎ」

先日、尖閣諸島が日本領である証拠の地図を外務省が公表しましたが、それに対する中国の反応です。

尖閣諸島

2015年3月7日、環球時報は、日本の外務省が公表した中国の地図に、尖閣諸島が日本領であると明記されており、これをもって日本領であることの証拠だと日本が主張していると伝えた。

環球時報は、「日本側のいう地図が具体的にどの地図のことを指しているのかは分からないが、専門家は、『釣魚島(尖閣諸島の中国名)が中国領であるという基本的な事実は、歴史的・法的に十分な証拠があり、1枚の地図だけでそれを否定することはできない』と述べている」と伝えた。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「そんな地図が中国にあるはずがない」
「小日本はいつでも妄想ばかりしているからなあ」
「小日本が自分で作り上げたものだろ!なんて恥知らずな!」

「日本人の知能は低すぎ」
「地図のコピーで物事を語るなんておかしすぎるだろ」
「1枚の地図では問題を説明することはできない」

「元朝時代の地図を見せてあげたら?」
「漢委奴国王印は、日本が中国の属国であることを証明しているぞ」
アジアは全部中国のものだけどね

「だったら俺たちは、日本が中国領であると記されている地図を作ろうぜ」
「今すぐにでも琉球諸島が中国領であると記した地図を出さないと」
「領土はもともとどこに属していたかという問題ではない。実力頼みのものだ」
だったら戦争しようぜ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00000018-rcdc-cn&pos=5


中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのは1970年頃からだったと言われておりますが、問題の地図は1969年に中国から発行されたもののようで、日本の主張が正しかったことを証明しております。

もっとも中国人たちも日本の主張のほうが正しいということをうすうす気づいてきてるような感じがしますね。

軍事力や経済力を使って奪えばいいといったような主張も目立ちます。

元朝時代や2000年ぐらい前の漢委奴国王印の話まで出てきておりますが、その当時の領土がどうなっていたかなど、それほど意味がないと思います。そもそも元王朝といえばモンゴル人の建国した国ですし、中華人民共和国は1949年に建国されたわりと新しい国です。

ネットの声:

中華思想全快だな。

理屈が通じる奴ではない

過去に領土にしたところは全部俺のものらしい

モンゴル帝国も中国と定義したらロシア、ヨーロッパ、中東までいける

いまなら福沢諭吉の言っている意味が理解できる気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>