鳩山元首相が「日本政府は韓国に謝罪と賠償を」と語る?

朝鮮日報が鳩山元首相にインタビューしたことを伝えております。

鳩山由紀夫

そのなかで慰安婦問題に関しては次のように答えていたようです。

「日本政府は(問題が)解決済みだと主張しているが、被害者がそう考えていないのであれば、政府からの補償という形で対処すべきだ。」



とにかく信じられませんが、まるで韓国側が主張していることをそのまま代弁しているかのようです。


中国での発言は国家反逆罪?

この人は中国では「尖閣問題とは日本が盗んだと思われても仕方がない。」といったようなコメントを発して以前には大問題になっておりました。

日本の刑法には国家反逆罪というものがあって、他国を煽って侵略行為があった場合は犯罪になるといったものがあるそうです。

中国はその後も激しく、尖閣諸島に領域侵犯を繰り返しているので、一部の評論家たちが、鳩山氏の行為は国家反逆罪に値すると言って話題になっておりました。

さすがにその後はこれはまずいと思ったのか、しばらく大人しくなっておりましたが、ここに来ていきなり、またかといった感じです。


日本には謝罪する勇気が必要?

鳩山氏は今回のインタビュー次のようにも語っております。

「問題は安倍首相が河野談話を修正すると言い出すなど、突然態度を変えたように思われている点だ。ドイツを見習い、より確実に謝罪の心を伝えなければならない。(日本)政府が誰もが分かる形で謝罪するということは、勇気のある行動だ。今こそその勇気が求められるときだ」


河野談話の修正の話が出てきているのは、それが元になって慰安婦問題がどんどん拡大解釈され、国際社会にあかかも日本軍が大量の少女を強制連行したような話に傾いてしまっているからです。

最近はアメリカで慰安婦像を設置したり、フランスのまんが祭で韓国の慰安婦に関するものを取り上げられたりしておりますが、いくら韓国が捏造していると訴えても、日本は政府は強制性を認めているじゃないかということで、韓国の主張が正しいということになってしまっているようです。

謝罪でこの問題が解決されるならば、河野談話によってこの問題は解決されているはずです。

いくら謝罪しても反省が足りないとか難癖をつけてきたり、事あるごとに蒸し返してきて、謝罪と賠償を求めることは明白です。


政治家がお金で買われてしまうようなことはよくありますが、鳩山元首相はとにかく資産家なので、それは通用しないはずです。

それなのに、この人がどうしてこんなに中国や韓国の肩をもつのかがよくわかりません。

朝鮮日報が報じているので拡大解釈も入っていると思われますが、鳩山氏のこれまでの発言などを考えても、恐らく大半は事実を語っているのでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>