河野談話に裏付けはなかった?従軍慰安婦問題の賠償金ってどれぐらい?

従軍慰安婦問題で韓国の攻めどころとなっている1993年の河野談話ですが、作成にかかわった石原信雄元官房副長官が国会で次のように語りました。

慰安婦の証言について裏づけ調査はしていない。本当はすべきだったが、当時はそういう雰囲気でなかった。」


河野洋平


元慰安婦の方々に同情してしまう気持ちもわからないでもありませんが、証言の裏付け調査もしないで政府がこのような談話を発表してしまうのは大問題だと思います。


従軍慰安婦問題の賠償金っていくら?

世界各国の世論は多くは「20万人の女性が強制連行されて・・・」という韓国側の主張に傾いているように感じられますが、この主張に対して賠償金が発生した場合、天文学的な金額になることも予想されます。

また、台湾やインドネシアなどにも日本軍相手の慰安所があったので、それらの国にも支払いが生じてくる可能性が高いです。

東日本大震災のときに確か被害は10兆円ぐらいと言われていて、政府は急遽、所得税の増税や前代未聞の公務員の給料削減などを実施することになってしまいましたが、これどころでは済まなくなるでしょう。

ただでさえ、日本は政府の借金が増えすぎて厳しい状況なのに、このような賠償金を払うはめになってしまったら、破綻しかねません

証拠もないのに慰安婦の証言だけから、このような談話を発表して日本の危機を招くなんて、政治として許されることではありません。


いまこそ野党は徹底追求してほしい

河野談話の作成にあたっては韓国とやりとりがあったようですが、石原氏はそれには関与していないのでよくわからないということでした。

もっと徹底的に追求して欲しいので、河野氏やそれについてわかる人をもう一度、国会に読んで欲しい限りです。また、強制連行捏造の発端となった朝日新聞には特に招致をかけてほしいと思います。

当初は維新の会は河野氏自身の招致を希望しておりましたが、自民党が先輩にあたる河野氏に配慮したのか拒否しました。

菅官房長官は「慰安婦らの証言を検証するチーム設置を検討する」といっておりますが、これをすれば韓国との関係は悪化しますし、日本と韓国に仲良くしてもらいたいアメリカも嫌がるのではないかと思います。

そんな感じで、この件についてはこのまま棚上げされてしまう可能性が高いですが、野党は徹底的に追求してほしいところです。

野党はいつもどうでもいいことを追求しているようなイメージがありますが、今回は多くの国民がそれを望んでいるのではないかと思います。


韓国との関係は悪化しない?

この問題の追求が進めれば、韓国との関係は当然悪化していくことが予想されます。

ですが、慰安婦問題、安重根、日本海の東海表記問題など、嫌がらせをしてきて、事あるごとに過去のことを掘り返してお金を要求してくる、もしもこれが人間関係なら、普通の人ならお付き合いしないですよね。

アメリカはアジアの平和といいますが、従軍慰安婦問題は日本の危機を招く恐れがありますので、日本としてはアジアの平和よりもまずは、日本の平和を優先するべきだと考えます。

日中関係などでも重要となってくるアメリカには多少配慮が必要ですが、これだけ反日活動をしている韓国に配慮するのは、よほどのお人好しか意気地なし、もしくは、ただの馬鹿ではないでしょうか。

維新の会の今回の行動は本当に素晴らしかったと思いますし、大きな一歩を踏み出したといえるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>