朴槿惠(パク・クネ)の父、朴正煕(パク・チョンヒ)は親日派だったのか?

日中韓関係の冷え込みが加速しております。

200px-Geun_Hye_Park

安部総理は国会で中韓との首脳会談が実現されていないことに言及されておりましたが、韓国については与えられた原稿を読みながらも、一応まともに応えておりました。

ただ、中国のこととなると、原稿を読むのも億劫といった感じで早口ですっとばして、何を言っているのか聞き取ることはできませんでした。


安部総理は総理就任当初から、かなり韓国に対しては気を使っている感じでした。

現在はいろいろなアジアの国々を訪問して、中国包囲網を形成しているように見受けられますが、本来なら、その中に韓国も引き入れたい考えだったのではないかと思われます。

安部総理は中国の軍事力拡大を脅威に感じているようで、それは韓国も同様に感じているはずでした。

親日派の大統領と評価されている朴正煕(パク・チョンヒ)の娘である朴槿惠(パク・クネ)が大統領に就任した時は、国民も内閣も韓国との関係が改善されるのではないかと期待されましたが、それに反して朴槿惠大統領は就任以来、強い反日姿勢を見せております。

朴正煕(パク・チョンヒ)の娘が反日なわけがない、彼女は無理をして反日姿勢を見せているのではないかと言う人も多くいましたが、最近では彼女自身、筋金入りの反日派なのではと感じております。

朴正煕(パク・チョンヒ)

韓国では戦後、徹底して反日教育が行われているので、戦後生まれの人は圧倒的に反日感情を持っている人が多いようです。

朴槿惠(パク・クネ)自身も当然そういった教育を受けてきているはずです。

父から新日教育を受けてきてるのではと思う人もいるかも知れませんが、朴正煕(パク・チョンヒ)は長い政権運営のなかで、反日教育をやめるようなことはしませんでしたし、日本からの多額の援助を受けたことが韓国経済の発展につながったことを国民に伝えるようなこともしていなかったようです。

そんな感じなので朴槿惠(パク・クネ)に対しても特に親日教育をしていないと思われます。

これを考えると朴正煕(パク・チョンヒ)は実は親日ではなくて、日本は騙されていたのではないかと考えるかも知れませんが、彼の発言とかからは、彼自身には親日の考えがあるような印象は受けます。

反日派との衝突をさけるために、国内でそのような姿勢を強く見せることはあえてしていなかったのかも知れません。


いずれにしても朴槿惠(パク・クネ)政権が続く限りは、日韓の関係改善はあり得ないように思えます。

政府も最近では韓国との関係はあきらめ初めているのか、教科書に「竹島は日本固有の領土で韓国に不法占拠されている」といった内容を記載することを義務付けるなど対抗姿勢を見せております。

どうせなら、この際、徹底的に竹島問題の解決を試みてもらいたいところです。

ただ、韓国側が受けてくれなければ裁判もできないし、現状では難しいかも知れません。この裁判のシステム自体をどうにかしてもらいたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>