張成沢(チャンソンテク)は何をした?アントニオ猪木との会見が影響?

北朝鮮のナンバー2と言われていた張成沢(チャンソンテク)への対応はなにか激しい怒りを感じるものがありました。

張成沢(チャンソンテク)の罪状をいろいろと公表しておりましたが、その多くは、北朝鮮の権力者ならだれでもやっているのではないかといったものでした。

張成沢(チャンソンテク)といえば、最近、アントニオ猪木と会って会見しておりましたが、そのことが影響しているのでしょうか。

アントニオ猪木

一体何をしたのでしょうか、謎は深まるばかりです。


多くの方がご存知かと思いますが、張成沢(チャンソンテク)は故・金正日(キムジョンイル)総書記の妹、金敬姫(キムギョンヒ)の夫で、金正恩(キムジョンウン)第1書記の叔父にあたります。

この2人はすでに離婚しているといった情報もありますが、張成沢(チャンソンテク)は経験豊富で実力者と言われていたので、金正恩(キムジョンウン)にとってはうるさい目の上のたんこぶのような存在だったのかも知れません。

でも、はたしてそれだけの理由でここまでするのでしょうか。

一説によると、張成沢(チャンソンテク)はクーデターを企てていたとされております。

ある専門家によるとここまでやるとは、このことは事実で、恐らく証拠もかなり上がっていることだろうと言っておりました。

また、それらを暴いたのは金正恩(キムジョンウン)の兄である金正哲(キム・ジョンチョル)が深く関わっていたという報道もあるようです。

故・金正日(キムジョンイル)には3人の息子がいましたが、長男の金正男(キム・ジョンナム)は金正恩(キムジョンウン)第1書記とは異母であり、次男である金正哲(キム・ジョンチョル)は同母になります。

その影響もあるのか金正恩(キムジョンウン)と長男、金正男(キム・ジョンナム)は不仲という説もあります。

また、金正男(キム・ジョンナム)と張成沢(チャンソンテク)とは深い関係があるともされており、もしかしたら、今後、この騒動は金正男(キム・ジョンナム)にまで及ぶなんてこともあるかも知れません。

それにしても、長い時間をかけてなんとか張成沢(チャンソンテク)と関係を築きかけていたアントニオ猪木にとっては、かなり残念だったに違いありません。

会見をした直後のことであったために、少なからずそのことが影響していることが予想されます。

もしかしたら、張成沢(チャンソンテク)は金正恩(キムジョンウン)第1書記になにも言わずに猪木に会っていたのかも知れませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>