2013年流行語大賞、発表はいつ?有力候補は?個人的に予想は。。

流行語大賞の発表は毎年、12月上旬に行われておりますが、2013年もそろそろその時期に近づいてきました。

今年の発表は12月の2日になるということです。

スズキ自動車の鈴木修会長兼社長は「軽は貧乏人の車だ。」と語っておりましたが、「流行語大賞は”弱い者いじめ”にしよう。」とも皮肉りました。

これは、現在検討されている軽自動車税の増税に抵抗しているものですが、普通の乗用車に対して軽の税金が優遇されすぎているというのは、恐らく多くの人が感じていると思います。


軽自動車が売れている一番の理由も恐らくそれが大きいでしょう。

スズキとしては増税にならば販売台数に大きく影響してしまうのは明らかなので、必死の抵抗といえるでしょう。

鈴木修会長兼社長の発言は、「ネットでは自分の客を貧乏人呼ばわりか?」、「軽に乗っている人に対して貧乏人は失礼ではないのか。」などという批判もあります。

まあ、私が考えるにこれは、恐らく、大半は軽を使っていない人たちの声だと思います。

「その通りだ。増税はやめてくれ。」といった声もありますが、軽自動車を所有している人の本音は恐らく、こちらのほうが多いのではないでしょうか。


いずれにしても、今年はいろいろな流行語が登場していて、「弱い者いじめ」が流行語大賞に選ばれることは厳しいでしょう。

今年どのような言葉が流行ったかちょっと振り返ってみましょう。

まずは、安倍首相の「アベノミクス」があります。

以前に政界から誕生した「ブッチホン」という用語が世間ではあまり知られていなかったのに流行語大賞に選ばれたことを考えると、アドバンテージがあるのかも知れません。

ただ、他の用語も今年は非常に強い印象があります。

半澤直樹の「倍返し」のすごく流行りましたね。

コマーシャルなどでよく引用されていましたし、私の近所の子供までが「倍返しだ!」なんて叫んでおりました。

予備校講師である林修先生の「今でしょ?」もかなり流行りましたが、これを知らない人は恐らくいないのではないでしょうか。

他にもドラマ「あまちゃん」で生まれた「じぇじぇじぇ」も流行語大賞の候補と言われております。

どれも甲乙つけがたく、審査員も選ぶのに苦労しそうですね。

個人的に予想してみると「今でしょ?」「アベノミクス」「倍返し」の順です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>