菊池雄星覚醒!工藤公康はカーブの成長を指摘。石井一久の指導も影響?

西武の菊池雄星が今年絶好調です。

菊池雄星

今年の好調の要因は野球ゲームをしていて必要さに気付いたという
チェンジアップの取得が大きいでしょう。


素人にはほとんどわかりませんが、元プロ野球選手でニュースの野球解説なども行っている工藤公康によると、カーブの精度があがっているのも要因のひとつだそうです。

精度っていうのはコントロールのことでしょうかね。本人は曲がりの甘さを気にしていたみたいですが、
いずれにしてもカーブがパワーアップしているということには違いないようです。

ちなみに同じチームの岸孝之投手が自身の最大の武器ともいえるカーブを教えたそうです。
そのときは、「手の皮膚がカサカサなので皮膚科にいったほうがいい。」といったもっと基本的なことで駄目だしをされたそうです。

手が乾燥していると制球に影響がでるらしいですが、果たしてその後、雄星が皮膚科に通ったかどうかは定かではありません。

また同じ西武の石井一久投手が今年は菊池雄星の改造に協力するようなコメントを出していましたが、ノーヒットノーランになりかけたときのピッチングは、まさに全盛期の石井一久に近いものが感じられます。

人のいうことを聞かないことで有名だった菊池雄星ですが、石井一久のことはかなり尊敬しているようで、今年の雄星の飛躍に影響を及ぼしたのかもしれません。

石井は「今年成績を残さないと、中途半端な選手のまま終わる」とコメントしていたそうですが、雄星の成績はこれまで3年でわずか8勝、怪我などもありましたが、期待されたいたわりにはといった感じがします。

もし今年、ある程度の実績が残せなければ、関係者やマスコミの反応も期待はずれということで冷ややかになっていたことでしょう。

石井一久

同期の今村はWBCの日本代表として活躍、かたや雄星はというと2chで「夜の帝王」みたいな感じでたたかれ、大きな差が出てしまった印象でした。

夜の繁華街に通ううわさや、免許を取得していきなりポルシェを購入するなど、
野球以外のうわさも耐えない菊池雄星ですが、この調子で活躍することが期待されます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>