トランス脂肪酸の弊害は?表示義務化は?チューブバターの含有量は? | コメンタールNOW

トランス脂肪酸の弊害は?表示義務化は?チューブバターの含有量は?

Sponsord Link

米食品医薬品局は動脈硬化などの原因になるとされるトランス脂肪酸の使用を全面的に禁止する方針を固めたそうです。

マーガリン

トランス脂肪酸といわれても一般人にはなかなか聞きなれない言葉だと思います。

いったいどんなものでどういった食品に含まれているのでしょうか。


トランス脂肪酸は天然の植物油にはほとんど含まれず、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物です。

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどに多く含まれており、牛や山羊などの肉や乳にも含まれております。

ステーキ

近年ではトランス脂肪酸の使用を規制する国が増えてきております。

日本人の平均摂取量は諸外国に比べて少ないようですが、食生活次第では非常に多くのトランス脂肪酸を摂取している人もいるそうです。

日本の食品については、一部の企業が低減に取り組んでいるといいますが、特に法律などで規制されているわけではなく、摂取は個人の判断に任されております。

トランス脂肪酸を摂取するとなにがいけないのかというと、今のところ、悪玉コレステロールの増加、動脈硬化、心臓疾患、認知症、アレルギー、アトピーなどの弊害への影響が報告されているといいます。

私もファミレスのバイトをしていて、毎日のように、休憩時間に肉汁たっぷりのハンバーグなどを食べるという食生活をしていたことがありますが、それが影響したのか、ひどくアトピーになってしまったことがありました。

採血検査の際も、血液中の脂肪の量が多すぎるという結果が出てしまい、このような食生活をしていたら駄目なんだなと身を持って感じました。

ハンバーグ

トランス脂肪酸の摂取は極力控えて方が無難なようです。

身近な対策としてはまずはマーガリンの使用は避けるべきでしょう。

かわりにバターを使いたくなりますが、こちらも取り過ぎると心臓疾患などになる疑いがあるため気をつけましょう。

今ではチューブ入りのバターなどがありますが、こちらについてトランス脂肪酸の量などを調べてみましたが、よくわかりませんでした。

表示に含有量が書いてあればわかるのですが、以前にトランス脂肪酸の表示義務化の法案が提出されましたが、結局見送りになりました。

まあ、いずれにしても体によいものではないと思うので、摂取は控えたほうが無難でしょうね。

ヨーロッパなどではパンにオリーブオイルをつけて食べることがあるようですが、健康的に考えてるとそれが無難なのかも知れません。

ちなみに私はオリーブオイルはエキストラヴァージンオリーブオイルのみを使用しております。

詳しい理由は忘れましたが、そちらのほうが体にいいと聞いたことがあるためです。

トランス脂肪酸はマヨネーズ、アイスクリーム、クッキー、ポテトチップス、菓子パン、ドーナツ、インスタントラーメン、インスタントのカレーやシチュー、チキンナゲットやフライドポテト、冷凍の唐揚げや揚げ物などにも含まれているそうです。

どれも美味しいもので、現代の日本人には欠かせないものばかりです。

知らず知らずのうちに多量に摂取していたりしませんか?


Sponsord Link

この記事へのコメント

コメンタールNOW TOP » 社会 » トランス脂肪酸の弊害は?表示義務化は?チューブバターの含有量は?