トム・クルーズ、離婚歴は?慰謝料は無し?養育費がすごい?

トム・クルーズといえば、3回離婚を経験しております。

トム・クルーズ

稼ぎも相当なものだと思うので、慰謝料や養育費が相当な金額に達すると思われますが、どうなのでしょうか。

トム・クルーズの最初の結婚は1987年に女優のミミ・ロジャースとでした。

2人は映画「誰かに見られてる」で共演しておりましたが、ミミ・ロジャースのほうが何歳か年上でした。


1990年に2人は離婚しますが、そのときに慰謝料や養育費が発生したのかどうかの情報は得ることができませんでした。

確認はできませんが2人の間には子供はいなかったようです。

トム・クルーズは同年に今度は同じく女優のニコール・キッドマンと再婚しております。

このときも映画「デイズ・オブ・サンダー」で共演しておりましたが、共演中に恋仲になってしまったようです。

このときトムは自分は子供が出来にくい体質だと考えていたようですが、子供がほしかったらしく、養子を2人迎えております。

2人の関係は結構長く続いて2001年に離婚しております。

2人の子供がどうなったのか気になりますが、トムとニコールの間で交互に暮らしているといいます。

そうなると養育費などはこのときは発生しなかったのでしょう。

トムはこのとき映画「バニラ・スカイ」で共演したペネロペ・クルスに夢中になっていたといいます。

ニコール・キッドマンはもう少し離婚を伸ばせば、莫大な慰謝料が取れると助言されたそうですが、そうはしなかったそうです。

ニコールも相当な稼ぎだと思われますし、別にこれ以上お金を必要とはしていなかったのかも知れませんね。

彼女はこの離婚は相当ショックだったようで、もう2度と自分に愛は見つからないだろうと思ったそうです。

トム・クルーズ

トム・クルーズとペネロペ・クルスが結婚することはありませんでしたが、2006年にやはり女優のケイティ・ホームズと結婚しました。

2人の間には子供が生まれましたが、トムは狂ったように飛び跳ねて喜んだといいます。

しかし2012年に2人は離婚することになりました。

離婚の理由については「性格の不一致」ということで、慰謝料は発生しなかったようですが、養育費は発生したみたいです。

娘のスリが18歳になるまで12年間ほど支払うことになるそうですが、年間で40万ドル(4000万円弱)になるということです。

合計していくと45億円程度にものぼり、さすがにかなりの金額になります。

それに加えて、医療費や学費などもトムのほうが払うことになるそうです。

トム・クルーズともなると、資産は200億円を超えているようですが、さすがにこの金額は大きいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>