ヒグマの日本における生息地は?本州にいる?遭遇時の対処方法は?

近年は熊出没といった事件をよく聞くようになりました。

日本国内にはヒグマとツキノワグマがいますが、特にヒグマは体が大きく非常に危険な熊です。

ヒグマ

熊は基本的に雑食ですが、ツキノワグマなどはドングリなどの木の実を主に食べるのに対して、ヒグマはそれに比べて肉食の傾向が大きいといいます。

サケなどの魚を取って食べることは多くの方がご存知かと思われますが、シカやイノシシなどの哺乳動物も襲って食べることがあるそうです。

それを考えると人間も例外ではないはずです。


ヒグマは日本では北海道全域に生息します。

数万年前は本州にも生息していたようですが、現在は確認されておりません。

北海道の山々は非常に綺麗で登ってみたくなるものですが、熊に対する知識を何も持たないまま山の中に入るのは危険だと言えます。

体調は2メートル半から3メートルもあり、体重は250から大きいもので500キログラムにも及ぶといいます。

ヒグマはヨーロッパやアジア、北アメリカなどにも生息しておりますが、海外では1トンを超えるものもいたという記録があります。



こんな巨大で恐ろしい動物に出くわしてしまったら、腰を抜かしてしまうか、思わず逃げ出したくなるでしょうが、ヒグマの走行スピードは時速50キロに達するといいます。

最高では65キロほど出るものもいるようです。

100メートルの世界記録保持者であるウサイン・ボルトでも最高で40キロの中盤までしか出ませんので、当然、我々が逃げ切るのは不可能ということになります。

とくに斜面を登るスピードは非常に速いそうですが、逆に下りは苦手だと聞いたことがあります。

ただ、元々の速さの絶対値が人間とは違うので、下りでも逃げきれるという保証はないと思われます。

ヒグマ

基本的には遭遇しないように気をつけるのが一番の対処法だと思いますが、人里に出没する場合もあるので、それだけでは済まないですね。

いくつか対処法を紹介したいと思います。

遭遇してしまった時に距離がかなり離れていた場合は、静かに落ち着いて立ち去るのがいいといいます。

動物には逃げるものを追いかける習性があるので、走って逃げるのは危険です。

50メートル以下の近い距離で遭遇してしまった場合は、落ち着いて手を振ったりして、穏やかに声をかけてみます。

基本的にクマの方も人間と関わりたくないので、大抵はそれで逃げてくれると思われます。

それでも駄目だったら、熊から目を離さず、ゆっくりと後退していく必要があります。

基本的にはクマの方も人間を避けているので、熊よけの鈴を持ったり、ラジオを鳴らしたりして歩くとよいそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>