松井秀喜が妻子を隠す理由?アスレチックス、レイズ時代の年俸は?

昨年限りで引退した松井秀喜ですが、現在は何をしているのでしょうか。

松井秀喜

ドキュメンタリーがやっているのを見たことはありますが、あまりマスコミなどには出ていない感じがします。

私は見ていなかったですが、メジャーリーグのオールスターゲームの解説者として登場していたようです。

あまり理論とかそういったタイプではないように感じていますが、どういう解説をしていたのか気になるところです。


松井は現在はニューヨークに住んでいるそうです。

ヤンキースとマイナー契約を結び、引退セレモニーを行なっておりましたが、そのときに「私はヤンキースの一員です。」といった内容の書類にサインをしておりました。

今後はヤンキースとか変わっていくと思われますが、巨人としては、日本に戻ってきてコーチなり、監督なりやって貰いたいと思っているのではないでしょうか。

松井は今は家族とリラックスして過ごしているそうです。

現在時代のとくに後半はチームがいくつか変わるなどあって、あまり家族と過ごす時間がとれなかったと思われますので、思いっきり家族サービスをしているのではないでしょうか。

3月には長男が生まれたことを明かしております。

松井秀喜

松井は2008年にOLの日本人女性と結婚しましたが、奥さんはマスコミに全く顔を出していないので謎に包まれております。

長澤まさみ似の美人さんで松井が一目惚れしたということのようですが、元ホステスとか元社長秘書とかいろいろ噂があります。

画像などがネットで少し出回っていますが、かなり線の細い人で長澤まさみ似とは言えませんでした。

本当に本人なのかどうかは怪しい感じもしますけど。

マスコミに出てこないのは結婚の条件が世間の目に触れさせないといったことが理由とも言われております。松井はこれを忠実に守って、隠しているのでしょうね。

松井秀喜

松井選手の年俸は最高でヤンキース時代、1300万ドル(12億5000万円以上)でした。

エンゼルス時代は半額以下の600万ドルになり、アスレチックス時代は425万ドルに下がりました。

レイズ時代はマイナー契約で、月額1万ドル(約98万円)だったといいます。ただしメジャーに昇格した場合は90万ドル(8500万円以上)という条件だったようです。

マイナーでは調子が上がりませんでしたが、レイズで故障者が相次いで出たため、メジャー昇格となりますが、その後も調子は上がりませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>