高梨沙羅(クラレ)の身長は何cm?体重は何キロ?大検資格取得? 

ノルディックスキー、ジャンプのグランプリ女子で総合2連覇したクラレ所属、高梨沙羅(たかはしさら)が凱旋しました。

高梨沙羅(クラレ)

すばらしい成績を残しながらも「着地の姿勢があまり入れられなかった」と反省のコメントをしました。

来年実施されるソチ冬季オリンピックでは金メダルが期待されます。


彼女はかなり小さいように見えますが、実際のところ身長は何センチなのでしょうか。

調べてみると、152cmということでやはりかなり小さいことがわかります。

沙羅選手の圧倒的な強さを見てみると、スキーのジャンプは小さいほうが有利なのかと思ってしまいます。

本当にそうなのか調べていると、そうでもないという意見があります。

背が高いと板も長くなり、風の抵抗を受ける面積が大きくなるので有利という人もいます。

ただ、体が軽いほうが有利なようですね。

沙羅選手は体重が46キロということです。身長のわりには結構体重があると思いますが、それでもかなり軽いほうだと思います。

スキージャンプの選手はかつては無理なダイエットなどをして拒食症になる選手も出たそうです。

そのため、体重が軽い人は短い板を使うようにルールが改正されたようです。

もし、沙羅選手がもっと長い板を使用できたら、もう手が付けられなくなるのでしょうね。

高梨沙羅

高梨沙羅は現在16歳で高校生だと思われるでしょうが、実は高校には行っていないようです。

ただ、高校卒業程度認定試験(旧大検)を合格していて、すでに高校卒業と同等の資格を持っているといいます。

学校に行っていない分、練習する時間が多くとれているのかも知れませんね。

それにしてもこの試験は科目も多くて難しいみたいです。

高校ならそほどのことがない限り、だれでも卒業できますが、相当勉強してないと取れるものではないようです。

高卒程度の学力が必要ということですが、中学を卒業して半年ぐらい集中的に勉強してとったといいます。

高梨沙羅

彼女は小2のときからスキージャンプをやっているそうですが、それでも転倒して冷やっとされるシーンが今年ありました。

意識を失いましたが、幸い脳震盪ということで骨などには異常がありませんでした。

考えてみたらスキージャンプは非常に危険な競技で、普通の人ならあんなところからジャンプなんてとても怖くてできないですよね。

競技の由来は罪人に対する刑だったなんて話も聞いたことがあります。

あくまで噂のようですが、確かにこんな怖い刑があったら、怖くて罪なんて犯したくなくなるかも知れません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>