シェールガスの埋蔵量、日本、アメリカ、中国は?豆が高騰?

安倍総理がカナダのハーパー首相と首脳会談を行いましたが、カナダ産のシェールガスを日本に輸入することが決まったそうです。

シェールガス

2019年からを目指しているようですが、日本はすでに2017年からアメリカ産のシェールガスの輸入も決まっております。

アメリカからは年間670万トンの輸入が米政府によって承認されておりますが、カナダからはなんと年間4000万トン輸入できるようです。


シェール革命によってアメリカの天然ガスの値段はかなり下がりましたが、詳しい数字は忘れましたが、日本より数倍安いといいます。

安いガスが輸入されるのですが、日本のガスの価格も下落すると思われるでしょうが、液化して運んだりするのに相当コストがかかるそうです。

とはいっても現在電力会社などはカタールから100万BTUあたり17.8ドルという値段で買っていますが、アメリカ国内では100万BTUあたり3.5ドル程度です。

高い天然ガスの値段は結局、我々の電力料金に跳ね返ってきます。

このままだと電力料金の大幅な値上げにつながってしまうので、早期の安い天然ガス輸入が迫られております。

今回カナダは2019年からになりましたが、もっと早くなってほしいところです。



世界のシェールガスの埋蔵量


世界のシェールガスの埋蔵量はどのような状況なのでしょうか。

埋蔵量1位は中国で、2位がアルゼンチンです。アメリカは4位でカナダは5位となります。
  • 中国 1115兆立方フィート
  • アルゼンチン 802兆立方フィート
  • アルジェリア 707兆立方フィート
  • アメリカ 665兆立方フィート
  • カナダ 573兆立方フィート
ちなみに日本は地質年代が新しいので、埋蔵量は期待できないそうです。

シェールガスの埋蔵

シェールガスの影響で豆が高騰?


シェール革命の影響でグアー豆というえんどう豆の一種が高騰しているそうです。

なんでも数十倍の値段になっているとかです。

なぜそのようなことが起こるのかというと、シェールガスの採掘につかう高圧水の生成に利用されるからということです。

インドの貧困層などがよく食べていた豆のようですが、ちょっとかわいそうですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>