前田智徳、骨折で江村将也にキレる場面。イチローや落合も天才と認める?

広島の前田智徳選手ですが、復帰が遅れております。

前田智徳

前田選手は4月23日のヤクルト戦で江村将也投手にデッドボールをくらい、左手首を骨折してしまいました。

このとき江村は内角攻めをして、危ないボールがその前にもありました。

ボールがあたったときは、さすがに前田が起こって鬼の形相で睨んでなにか叫びながらマウンドに近づいていきました。


このときなにを言ったのかがきになるところですが、調べてみてもわかりませんでした。

前田智徳、江村将也にキレる

これは広島にとっても痛手でしたが、前田にとってもかなりの痛手だと思います。

全治1ヶ月ぐらいでしたら、難なく戻ってこれるでしょうが、数ヶ月というとたとえ骨がくっついたとしても、筋力や感覚が落ちてしまうので、復帰が大変になります。

年齢などを考えるとこのまま引退なんてことにもなりかねません。

実際のところ今シーズンは、ほどんど棒に振ってしまいました。

前田智徳 江村

前田はよく天才とか言われます。本人は否定していますが、他の選手のコメントがすごいですね。

イチロー:「天才とは前田さんのような人のこと」

松井秀喜:「日本で一番いいバッターですね」

長嶋茂雄:「彼は文句なしに天才」

掛布雅之:「前田は他の選手とはワケが違う。3割3分が最低ノルマ」

原辰徳:「彼とイチローはその他の選手に較べて打撃センスの次元が違う」

落合博満:「天才バッター?今は前田ひとり」


面々たる人たちが、相当の絶賛していることがわかります。

紛れも無く天才なのでしょうが、やはり、故障が多いのが残念です。理由はわかりませんが、そういった体の管理があまりできていないことが予想されます。

イチローの本当にすごいところは大きな故障がなく、無事にずっとやれてこれているということです。

それを実現するには相当な健康意識があっていろいろと実践していると思われます。

前田智徳

前田は甘いものが好きなようですが、こういったもののとり過ぎはアスリートにはよくないと考えられます。

シーズン中は大好きなプリンを控えているようですが、オフには相当そういった甘いモノをとっているのではないでしょうか。

糖分のとりすぎは血管をもろくすると聞いたことがあります。前田はアキレス腱の大きな怪我などをしておりますが、食事などの影響が少なからずあると思います。

余談ですがデッドボールをした江村も甘いモノが大好きで、試合前にはプリンを食べているそうです。

だからプリンを我慢している前田が江村にキレたとネットで騒がれてましたが、さすがにそれはないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>