山岡泰輔、スライダーがすごい!中学時代は?身長は?ドラフトの評価は?

18UW杯の決勝戦ですが日本は惜しかったですね。

最後の最後は9回2アウトから盗塁を決めて、最後までわからない展開でした。

試合は投手戦となり松井裕樹が6回まで2点で抑える好投でした。

7回でノーアウトのランナーが出たところで交代しましたが、この大事な場面で任されたのが山岡泰輔です。

山岡泰輔

さすがに緊張していたのか初球がすっぽぬけて、ランナーを進めてしまい失点してしまいます。

スライダーが抜けるシーンはたまにありましたが、そのあとは調子を上げてきて、8回では3人をピシャリと抑える見事なピッチングでした。


それにしても山岡泰輔は甲子園では初戦でやぶれてしまいましたが、本当にいいピッチャーですね。

ダルビッシュがツイッターで彼のピッチングを見て絶賛していましたが、球速も140台後半出るし、コースへのコントロールが抜群だし、スライダーも非常に切れがあります。

これだけのピッチングをされれば、プロのバッターもそう簡単には打てないのではないかと期待させるものがあります。

山岡本人もダルビッシュに絶賛されたのは非常に嬉しいようです。伝家の宝刀スライダーはダルビッシュをイメージして投げてるといいます。

もっとも身長が195cmあるダルビッシュと172cmの山岡ではかなり対照的です。

普通背が高い方が変化球の落差などが出やすいのですが、山岡選手はこの身長であれだけ変化するんだから相当な回転がかかっていると思われます。

ダルビッシュ

スカウトの中には身長が180cmを超えていれば、最高の評価とするものもいれば、前田健太級のセンスを感じるという人もいるようです。

中継ぎとしては、今でも十分に活躍できそうな感じですが、問題は先発した場合にストレートのアベレージがどれぐらい出せるかでしょうね。

体が大きければ力まないでコンスタンツに140キロ以上出せたりするものですが、彼の場合はかなり力を入れて投げないとそれはできないのではないかと少し不安です。

また一概には言えませんが、体の小さいピッチャーが無理に球速を出そうとすると、故障する確率も高いような気がします。

山岡泰輔

中学は広島県浅野川中学出身で、軟式野球をやっていたそうです。

高校野球で活躍する選手には中学にはすでに公式野球をやっている人が多いなか、なかなかめずらしいと思います。

高校2年の夏は9失点などをするなど、いまの彼からは信じられないような話ですが、それから体重を10キロ以上増やしたといいます。

あの体で140キロ以上でるのですから、相当筋肉があると思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>