室伏広治の母はルーマニア代表?握力のトレーニング方法は?

ハンマー投げの室伏広治選手は驚くべき身体能力をもっております。

室伏広治 筋肉

パワーはもちろんすごいのですが、100mを10秒台で走ったといいますし、ジャンプ力では立ち幅跳びで、世界記録を超えることができるといいます。

室伏選手の父親は元ハンマー投げ選手の室伏重信で、母はやり投げでオリンピックユーマニア代表になったセラフィナ・モリッツです。


まさに洗練されたサラブレッドといった感じですが、室伏広治に子供がいないのはちょっと残念です。かなりモテてもよいはずですが、女性関係もあまり聞きません。

これだけの身体能力を誇るのは日本の宝なので、室伏にはたくさん子孫を残してほしいと願う人もいるようです。

ちなみに妹の室伏由佳もアテネ・オリンピックのハンマー投日本代表で出場しておりました。

彼女は既婚で、2012年に引退しております。

室伏由佳

室伏選手の両親ですが、彼が中学生の頃に離婚しております。

母のセラフィナさんは、再婚したものの、その後男が逃げたようで、かなり前から生活保護を受けているようです。

室伏選手は企業とスポンサー契約などしていて、調べてもわかりませんでしたが、年収はそれなりにあることが予想されます。

実家は豪華な一戸建てで、車庫にはポルシェとレクサスの高級車が並んでいるといいます。

なのに母が生活保護を受けているのは不思議ですが、母とは絶縁しているようです。

調べてみてもよくわかりませんでしたが、ここまでするとはなにか許せないことがあって大きな溝になっているのでしょうね。



室伏選手といえば、以前に握力を測ったら100kg以上で測定不能だったといいます。

一説には120kgとか150kgを超えるとも言われております。

一体どんなトレーニングをしているのか気になりますが、新聞紙を使ってトレーニングをしているようです。

新聞を片手でとにかく小さく折り曲げていくそうです。

新聞の元のサイズがどれくらいかはわかりませんでしたが、握力というより、なんか手先を器用にするようなトレーニングのような感じがしますね。

ハンマー投げのハンマーは7キロ以上あります。

これを振り回して手から離れないようにするためには、相当強く握らなければいけません。

そう考えると、ハンマー投げの練習だけで相当、握力が鍛えられると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>