マリオバロテッリの仁王立ち画像。都倉賢も真似?私服姿もすごい。

マリオバロテッリは「UEFA EURO 2012」の準決勝では豪快なシュートを決めたと思ったら、いきなりユニフォームを脱ぎだして仁王立ちをしていわゆるドヤ顔を始めました。

バロテッリ 仁王立ち

当然イエローカードもらったのですが、非常に衝撃的なシーンでした。

サッカーではユニフォームを脱ぐのは紳士的でない行為ということでイエローカードの対象になります。


バロテッリがそれを知らないはずはないのですが、あえてこんな大事な試合をそれをやってのけてしまうところ、本当にいい度胸しています。

だれかが、「もう一点いれてもう一度ユニフォームを脱いで、退場すればいいのに。」といっていたのが、印象的です。

その後、J1神戸の都倉賢がバロテッリに似たような豪快なゴールを決めると、同じようにユニフォームを脱いで仁王立ちをするパフォーマンスを見せました。

都倉賢は試合前にバロテッリのゴールシーンを見せられてよく目に焼き付けておけと指示されたそうですが、やってしまったって感じですね。

都倉賢 仁王立ち

コンフェデレーションズ杯初戦のメキシコ戦でも決勝弾を決めたバロテッリはユニホームを脱いでイエローカードをもらいました。

この大会ではイエローカードを2枚もらえば、次の試合には出れないのでチームにとってはものすごい迷惑行為です。

彼はこのことに対してはイエローカード2枚で出場停止になることは知らなかったと語っております。これだけの大きな大会の重要ルールを国の期待を背負っている人間が知らないのはかなり問題だと思います。

まだ初戦だというのにもう一枚もイエローカードをもらうわけにはいかない状況となりました。

まあ、いっそのこと、もう一回ユニフォームを脱いでイエローをもらったら、ある意味伝説になるでしょうが...。

これだけの問題児なのに出場しつづける彼は本当にすごいですし、リスクを引き受けて彼を使い続ける監督もすごいと思います。

ちなみにバロテッリは私服姿でも目立ちます。

バロテッリ 私服姿<a href=


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>