華原朋美と小室哲哉の交際期間は?破局の原因は小橋健児?

華原朋美が都内で、「スマートボーテプロジェクト」のイベントに登場し、宇多田ヒカルに対し、「この気持ちを歌の形にして届けてほしい。」というメッセージを送ったそうです。

華原朋美

華原朋美といえば、全盛期は小室哲哉のプロデュースでヒット曲を連発していたました。

天然キャラを生かしてテレビやCMにも出演、一見、シンデレラストーリーのように見えましたが、それは長くは続きませんでした。


華原朋美と小室哲哉の交際は1994年に始まりました。

それまでは売れないアイドル「遠峰ありさ」として深夜のバラエティー番組などで活躍しておりましたが、小室哲哉に見出され、当時、小室哲哉が経営していた店に呼ばれ、それから交際が始まったようです。

1998年末に華原朋美は小室哲哉にこう切り出されたといいます。

「好きな子ができたから分かれたい。」


約4年間続いた交際は幕を閉じました。

もっとも交際期間中に華原は俳優の小橋健児を自宅に連れ込んだとスクープされていたし、小室のほうも他の女性といろいろと噂になておりました。

小橋賢児

小室哲哉との破局が報道されると、その後は仕事が手に付かず、無期限休養などに追い込まれました。

また、復帰後も番組の収録に遅刻するなどし、2007年には所属事務所から契約解除されました

去年、その事務所とは再契約しておりますが、いわゆる波乱万丈でどん底を知る女性です。

そんな彼女だから、宇多田ヒカルに送った言葉には重みがあるのかもしれません。

華原朋美はイベントで輝きの秘訣を聞かれると、次のように語ったといいます。

「どん底を味わうこと。どん底を味わうと輝けます。」


個人的にはできれば、どん底なんか味わいたくなく、絶好調のまま突っ走っていくのが一番よいですが、どん底から這い上がってきた人は強いと思います。

どん底に落ちなければわからないこともたくさんあると思います。

ただ、どん底に落ちたままそこから抜け出せないという人もいるので、やっぱり、落ちることはおすすめできないと思います。

彼女の発言は前向きですばらしいと思います。まだ精神的に不安定さは残っているかもしれませんが、このまま完全復活してもらいたいところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>